日々

Posted on 2018/09/13 in 日々 by M-3310

根本的に自分を肯定していないのが悪いというか。
 
「ストレスを溜め込むのは良くない。
 ストレスが溜まっている時は好きな物を食べると
 気持ちが前向きになる」
 
というアドバイスを受けて、
ストレス自己嫌悪MAXの時に好きなものを食べた。
 
「自分のような価値のない存在が
 こんなものを食べていいのだろうか。
 これは単なる金銭の無駄遣いではないのか。
 『ストレス解消のため食べる』といっているが
 自分を律しきれず弱くて甘えているだけではないか。」
ということを考えてばかりで
食べ終わってからすんごい自己嫌悪してた。
 
自分がやりたいことをやっているとき
甘えているような
自分のわがままを通してしまっているような
他に優先してやるべきことを放置しているような
他者に迷惑をかけているような
無駄遣いのような……
そんな加害妄想ばかりで
やりたいことに没頭出来ないでいる。
日記を書きながら「家事をし忘れていないか」とすぐ不安になる。
好きな物を食べることが無駄遣いのようで罪悪感を感じる。
 
自分アホだなと思う。


4

絵本

Posted on 2018/09/12 in 出産・育児, 日々 by M-3310

しばらく絵を描いてなかったけれど、
今なら描けるのではないかと思って挑戦したら
まったく思うように描けず1週間ぐだぐだしてました。
 
のでちょっと気持ちを切り替えて
絵本レビュー。


娘1歳10ヶ月。
本屋で目に留まった「しろくまちゃんのほっとけーき」を買って帰り
娘が寝る前に読んでみたら。
とても気に入ったようで、5回読んでもまだ読もうとする。
流石に寝かしつけないと、と部屋の明かりを消すけれど絵本を離さない。
そのまましろくまちゃん絵本を握って寝落ちる娘。
娘が絵本を握って寝るのは初めてだったので少し驚いたけど
絵本を気に入ってくれたんだなと思って嬉しくなった。
 
絵本の紹介で
「ホットケーキの焼ける場面は、子どもたちに大人気」
とあるのだけど、娘も例に漏れず
ホットケーキを焼いてるページをじっと見てた。
今度の休みは一緒にホットケーキを作ろうと思う良い絵本。


5

ナルコレプシー

Posted on 2018/09/03 in 日々 by M-3310

っぽい気がする。
 
発達障害の検査をどの病院で受けようかと調べてたら
「睡眠障害」も扱ってる病院があったのでそこにしたのです。
というのも、私はストレスが多くなると過眠状態になるタイプのようで
ここ数ヶ月、眠気が強くて、酷い時は運転中にも眠くなることがあった。
 
思えば20歳頃の鬱病の時も眠気がやたら酷くて
絶対寝たらいけない会議(関連会社のめっちゃ偉い人がいた)の時に寝たり
運転中に信号待ちで寝てしまい、後ろの車からクラクションを鳴らされたりと
今思えば、あれもナルコレプシーの症状だったなと。
 
「ストレスが多すぎて眠れない」というのは自分の異常に気づきやすいけど
「ストレスが多すぎて眠る」というのはなかなか自覚出来ないようで。
実際、自分も20歳頃の鬱病の時は
昼間も寝れば夜も寝る、という状態で
「毎日しっかり寝ているのに昼間寝てしまうなんて
 自分はやる気がなくてだらけて甘えてるだけだ」
みたいな考え方をしてたと思う。
 
睡眠障害の検査は入院して1日中眠気や身体の状態を記録するとかなので
検査を受けて診断を貰おうとまでは今のところ考えてない。
(先生からも「そんなに困ってないなら睡眠障害は後回しでいいね」と言われたw)
「自分はナルコレプシーなんだ」という自覚があるだけで
日中の眠気・居眠りに対する考え方がかなり変わったし気持ちがラクになった。
日常のストレスが軽くなればナルコレプシーの症状も軽くなるし
自分に合ったメンタルコントロール法を探さないと。


3

日々

Posted on 2018/09/01 in 日々 by M-3310

現在のストレスの原因はいくつかあるのだけど
  
「自分の父親に対する不満と意識の囚われ」
  
とりあえずこれをどうにかしないといけない。
どうにかするというか
自分の考え方や意識を変えないといけない。
 
「父親のようになりたくない」
「父親のことは嫌いだけれど遺伝子の半分一が緒なんだ」
「自分でも気づかないうちに父親のようになってしまうんじゃないか」
「私がされて嫌だったことを娘にしてしまうんじゃないか」
「いやだ、父親のようになりたくない」
……というスパイラルによく嵌っている。
父親の過去の幻影にいつまでも囚われてる自分が良くない。
父親と自分を切り離したい。
 
周囲から育児に関してのアドバイスや意見を聞かされる度に
自分が子どもの時、両親はどうだったかと思い出し
父親の嫌だった部分を再認識して虚しさに浸っている。
せっかく父親と離れて生活しているのに
過去の父親にメンタル殴られてたら意味がない。
血縁者として必要な行為は行いつつも、もっとドライな感情で父親と接したい。


2
▲Top